高岡冷蔵株式会社

トップ画像

お知らせ・ブログ

当社のスタッフが会社のこと、仕事のことなどつづっています。

カテゴリー

アーカイブ

  • お知らせ

趣味を活かした体力作り~その先は~

 前回のブログで次回は「甥っ子の白球にかける暑い夏と冷たい氷」

の話について書くことにしていましたが…

その後、三回戦で逆転サヨナラ負け…というあまりに悔しい結果の為、ブログアップは断念します。

 そこで今回は、私の趣味からのお話part2~「趣味を活かした体力作り」をお送りします。

私は、入社当初から思っていたのですが、高岡冷蔵での仕事をこなす上で、

頭の回転の速さと体力が大変重要であることを常々感じていました。

頭の回転には自信がありますが、今以上の体力をつけ仕事に活かし、更なる会社への貢献をと思いました。

そこで今回ご紹介するのが、趣味を活かした体力作りです。

前回の私のブログをご覧の方々は既にご承知かと思いますが、私の趣味は登山と自転車。

この二つを1日で楽しんだ…そんなお話です。

計画したのは、高岡から立山(称名滝)まで自転車で行き、その後弥陀ヶ原を目指し登山をする です。

去る10月14日の日曜日、AM4:20自宅から自転車で出発!立山を目指します。

まだ辺りは真っ暗で、ライトを頼りに自転車を漕ぐこと2時間半、AM7:00にアルペン村へ到着です。

そこで、妻が乗った私のスーパーカー!?カリーナの登場、自転車を回収します。

↑自宅~アルペン村40㎞を平均時速17㎞で(遅い?)  ↑自転車の回収。称名滝までは少し休憩…

さあ、いよいよ登山の開始です。称名滝の横、八郎坂を弥陀ヶ原目指しひたすら登ります。

1時間ほど登ると眼下には3段になって流れ落ちる称名滝が現れました。

1時間半で室道行のバスが通るアルペンルートへ、バスを横目に見ながら更に木道を進むこと1時間半、弥陀ヶ原到着

弥陀ヶ原は紅葉を見に来られた観光客で賑わっていました。

天狗平手前で引き返し、帰りは松尾峠経由で立山カルデラの絶景…素晴らしい眺めです。

松尾峠へ寄ったのは間違いでした…

PM5:00で称名道路は閉鎖されています。それまでに下山しないと帰れなくなります…

必死で歩き、何とか閉鎖10分前に称名を出ることが出来ました。空には輝く月が……

膝はガクガク…足はパンパン…長い長い苦行の1日が終わりを告げようとしています。

帰りの車の中…いくら疲れていても、次の挑戦を考える自分がいました。

これからも苦行を重ね…体力の維持向上を目指したいと思います。それが仕事に役立つように…と。

しかしながら、最近は日曜日ごとに天候が悪く、山はもう既に雪…。

来春までおとなしくしながら、冬眠です。

 

■高岡冷蔵株式会社 本社

富山県高岡市下黒田777
電話:0766-21-2450
FAX:0766-21-2912

■富山工場

富山県富山市西二俣91-1
電話:076-434-2511
FAX:076-436-1508

■小杉工場

富山県射水市流通センター青井谷1丁目9
電話:0766-56-3100
FAX:0766-56-3288

■小杉第二工場

富山県射水市流通センター青井谷1-8-1
電話:0766-56-3100
FAX:0766-56-3123

■営業エリア

高岡市、射水市、氷見市、砺波市、小矢部市、南砺市、富山市、滑川市、上市町、立山町、舟橋村、魚津市、黒部市、朝日町、入善町その他、日本全国のお荷物をお預かり致します。