高岡冷蔵株式会社

電話:0766-21-2450(本社)

トップ画像

お知らせ・ブログ

当社のスタッフが会社のこと、仕事のことなどつづっています。

カテゴリー

アーカイブ

  • ブログ

こんな仕上がりです

前回のブログ紹介の妖怪塗り壁工事が終わりました。

一般に外壁塗装というと屋根、銅部分、サッシ以外、雨どいなどを含む外に面した全ての部分の塗装を言いますが、

前回のブログ写真と比べると一目瞭然!全体が綺麗になりました。

新築時がどのような状態であったのか…覚えていませんが、家が新しくなった気がします。

(きっと二、三年でまた汚れが目立つ様になるのでしょうが、、)

今回の塗装が二十年以上もってくれて、家が傷まなければいいかなと思っていますが、

高額なお金を支払う以上、細かい部分まで業者に指摘、これ以上塗れません!というところまで対応してもらいました。

(業者からすれば、一番嫌なタイプのお客さんだったことでしょう…)

足場の組み立てから始まり、塗りが終了、取り外しまで正味二週間程度の工事でしたが、腐食発覚での軒の

一部張り替え、クレーム対応などで工事が長引き、二ヶ月近く足場が組まれたままの状態でした。

近所の人には随分長い工事だと思われたことでしょう。

光の具合で鼠色に見えますが実際は濃い茶色です     ボードのつなぎ目も細い筆で塗ってあります

施工業者はさっさと終わらせたいところでしょうが、そうは問屋がおろしません。その一番が木部の塗装でした。

ただ木部塗装しただけの状態                やり直してもらった特殊塗装の黒光り

上記写真、左側が浸透性塗料を塗っただけの状態で、何も言わなければこれで終了の状態でしたが、

契約書にはシミ、あく抜き含むとあり、これはシミ、あくが取れていないとクレーム。

お金は支払えませんと言った次の日…右側写真の様な黒光り、素晴らしい。。。

今後、外壁塗装を考えていらっしゃる方は、業者の選定、契約前の段階から工事終了まで、業者への対応ノウハウ

を教えます。是非 お気軽に。。。

追伸:去る10月8日、一社)日本冷蔵倉庫協会主催による、冷媒フロン類取扱知見者講習会に行ってきました。

今話題のCOP21(パリ協定)での地球温暖化対策、オゾン層破壊問題などで取り扱いが規制されている

フロンに対する知見を高め、フロン排出抑制法全面施行に伴う対応についての勉強です。

三時間の講習後、講習内容が理解出来ているかの試験が行われ、二ヶ月経った先日、合格通知が届きました。

合格したからといっても、慢心することなく折につけ知見を深めていきたいと思います。

高岡冷蔵からは、三名の受講者全員が合格…素晴らしい。

■高岡冷蔵株式会社 本社

富山県高岡市下黒田777
電話:0766-21-2450 FAX:0766-21-2912

■富山工場

富山県富山市西二俣91-1
電話:076-434-2511 FAX:076-436-1508

■小杉工場

富山県射水市流通センター青井谷1丁目9
電話:0766-56-3100 FAX:0766-56-3288

■営業エリア

高岡市、射水市、氷見市、砺波市、小矢部市、南砺市、富山市、滑川市、上市町、立山町、舟橋村、魚津市、黒部市、朝日町、入善町その他、日本全国のお荷物をお預かり致します。